ネットビジネスを始めるきっかけ4つのきっかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

初めまして。峰と申します。

ネットビジネスを始めて2年ほどになります。

マイペースなのでやっと生活が安定してきたところです。

まず、私が仕事を辞めてネットビジネスを始めたきっかけをお話したいと思います。

最初は優しかった個人士業事務所の電話番

短大を卒業して、まともに就活をしなかった私は求人雑誌で見つけた

『週3〜、4時間OK、個人事務所の電話番』に飛びつきました。

単純になんて楽そうな仕事なんだ

と思ったからです。

面接して、ちゃっかり採用をもらえましたので働いてみると

雇い主であり、士業事務所の社長(「ボス」と呼びます)から

「普段は事務所に居ないから電話番とコピーとプリントアウトをお願いね」

と言われ、なんとも素敵な職場に出会えたと思っていました。

 

ボスが事務所で仕事をしている時、何かの話題で下ネタが話題に出ました。

私自身、下ネタに抵抗がなかったので難なく返して盛り上がりました。

ちょっと許した下ネタからセクハラへ

甘かったです。これが私の社会不適合者への分かれ道でした。

 

仕事内容に入力作業が加わった当たりから

週5の8時間勤務へ変わっていきました。

それと同時に下ネタを聞く時間も

週5の8時間に増えました。

 

自分の話や世間的な女性の意見を聞くのが飽きたのか

私自身を聞き始めたり、1回だけと言う

大変迷惑なセクハラボスへ進化していきました。

お客を見下し、部下も見下し、金で女を釣る

私の存在に慣れてきたのでしょうか、クズ発言が頻繁に出てきました。

お客さんの悪口はもちろん、バカにした発言が目立つようになりました。

正社員をかたは自宅勤務なので滅多に事務所には来ませんでしたのであまり知りませんが、やっぱりバカにした発言が多かったです。

その頃、書類作成の仕事もするようになりましたが、

「わからないことはネットで調べて」と言われ訳の分からないまま調べ、

なんとか作成したらボロクソに言われ、いつまでもネチネチ言ってきました。

暴言も絶えませんでした。私はパワハラと感じました。

 

でも、士業で結構稼いでいるので、どこから湧いてきたのか近づいてくる女は途絶えませんでした。

その女を相手すれば良いものの、何故か私に「結婚はしないけど一生面倒みるから子ども作ろうよ」と言われて気持ち悪かったです。

ボロクソに言われ、セクハラも言われ、仕事に行きたくない

気持ち悪さと何かしたら文句を言われる、バカにされる

正直仕事に行くたくありませんでした。

毎日泣きながら、当時の恋人に職場まで車で送ってもらう日々でした。

友人に相談したら精神科を紹介されて軽度の鬱と言われました。

 

『事務とは言え、私一人に任されている作業もあるからすぐにやめれない…』

無駄な責任感でいっぱいいっぱいでした。

よく言う言葉が『あなたが会社の為に精一杯やっても、会社はあなたがいざというとき助けてくれない』

では、助けてくれるのは誰だろうか?そう考えてやっとたどり着いたのが父でした。

「正社員じゃないなら今すぐ辞めなさい」

有給も残っていたので、その1週間後には仕事に行かなくて済むようになりました。

トラウマ、鬱で引きこもる

強いメンタルなんで持ち合わせていません。

多分、3ヶ月くらいは家事して、ご飯食べて、寝るという生活でした。

働くという考えも全然考えられませんでした。

 

引きこもっていたので貯金はあまり減りませんでした。

ですが、このまま引きこもってニートのままではいけないだろうと思いました。

きっとすぐに結婚するような相手と巡り合っていたらネットビジネスと出会うことはなかったかもしれません。

 

セクハラ、パワハラ、鬱、引きこもり

これらの4つ要因が私をネットビジネスに導いてくれた原因です。

心にはまだ傷は大きく残っていますが、毎日外へ働きに行くことに開放された喜びの方が大きいです。

 

先日、ボスに会うことがあり、嫌々ですが会ったら

次の日に急性胃炎になり数日寝込みました。

お金の為とは言え、会うものではないですね。身体を壊してメンタルまで崩れてしまいます。

これは私が弱いからではありません。ボスがゴミ屑過ぎて私に合わなかったのです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*